四十肩の治療費によって大きく嵩んでしまった12月の医療費

昨日のブログに「12月の医療費が嵩んでしまった」とのことを書きましたが、今日はそれについて書いてみようと思います。

12月の医療費とその内訳

昨年12月中はとにかく肩関節周囲炎(四十肩)の治療に注力したいと思っていて、できることはやってみるという感じでした。
整形外科では、リハビリと週1回の薬物注入をしていましたが、それ以外に鍼灸治療が良いと聞い他ので通える範囲内にある鍼灸治療医を探し、行ってみることにしました。
また、漢方が聞くときけば、とりあえず市販されている合いそうな漢方を買って試してみました。
もちろん、以前からやっていた温泉治療も継続

そんなこんなでまとめてみたら、

昨年12月の1ヶ月だけで、医療費関係は45,017円でした。

と言ってもですね、全てが四十肩に絡むものではないです。
12月は市がサポートしてくれるがん検査を受けまくったために、こんなに高額になってしまいました。

ではその内訳を高い順に。

  • 鍼灸治療 (2回) – 12,000円
  • がん検査・インフルエンザ予防接種 (市のサポートあり) - 11,900円
  • 温泉治療 (10回分回数券含む) - 10,980円
  • リハビリ+注射 (リハビリ7回+注射4回) - 6,500円
  • 漢方 (麻杏薏甘湯) - 2,627円
  • 痛み止め薬 - 1,010円

こんな感じです。
ちなみにがん検査は乳がん検査(マンモグラフィー)、胃がん、大腸がん、肺がん、子宮がんの5つです。

という訳で、四十肩関連だけだと、33,117円ということになりますね。
それでもやっぱり高いかな・・・。

ちなみに、私が通っている鍼灸治療医は保険適用なしで、1回につき6,000円。
2週間は間をおかないといけないこともあり、ほぼほぼ月2回くらいになりますかね。
鍼灸治療についてはまた別途書こうと思います。

最後に

通常、健康で病院に行く必要がない月は、ほぼほぼ0円になりますが、9月半ばから四十肩のリハビリに通い始めたこともあり、徐々に医療費が増えてきました。
ちなみに、11月は9,000円くらいでした。

今の整形外科は11月後半から通っていますが、実はその前9月から1ヶ月半くらいは今とは別の整形外科に通っていて、リハビリだけだと480円(1回20分)で、週2-3回は通っていましたね。

正直、自分は健康な人だと思っているのですが、こんなに医療費が嵩んでしまうと何だか病人というか不健康な人に思えてしまいます。
早く四十肩を治して、健康な体を取り戻したいです!

This article has 1 comments

  1. Pingback: 市で実施しているがん検診をここぞとばかりにたんまり受診してみた | nasastyle

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です